雑記


2011-10-04

悔しいです…。

高校時代に伊藤くんの家に泊まった時に妹の風呂を覗いてやろうと思ったら

オバサンが入っていた時と同じくらい悔しいです。

アーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!悔しいっ!!!


えぇと…。

先週末、知人女性とホテルに行ったんです。

あっ…違う!自慢話するつもりじゃないんで最後まで聞いてっ…!

グチるから!これから本当グチるから!

…はい。

えぇと、どこまで話しましたっけ…そう!ホテル!

私、実はしばらくセックスしてなかったんで、抜き打ちセックスだったわけです。

(前回SMについて語っておいてなんですが…)

前に付き合っていた彼女ともほぼセックスレスになってまして、

まともに合体しないまま1年くらい経過して、気づけば生粋のオナニストに。

いや、正確には半年前にも別の女性とホテルには行ったんですけど…

あっ…また…!違うっ!

本当!自慢するとかじゃなくて!!聞いてよ、ちょっと!!


…えぇと。

とりあえず先に半年前にホテルに行った時の話から。

その時は前戯はいい感じで進みクリトリスの愛撫でイカせて、

「さぁ挿入!!」ってとこで愚息がっ…。

「おーーぃ……寝たフリするのやめようよ…。いや、本当…。」みたいな。

それで結局挿入できず。

相手の子には「俺さぁ酒入るとダメな時が結構あるから…」と言い訳し、

せめてもの償いと思い、もう一度クリトリスを愛撫してイカせて終わりました。

その時はかなりお酒を飲んでいたし、全裸状態からのセックスだったからかなぁと

自分に言い聞かせ、眠れぬ夜を過ごしたのでした。

(私は服を着ている女性じゃないと興奮しないのです。なぜかって?変態だもの。)


しかし。先週末の女性は違いました。

酒はそんなに飲んでないし、服も着ている状態から始めました。

ソファで彼女を抱き寄せ、ライトなキス。

恥ずかしそうに笑う彼女を可愛いなと思いながら、首筋、耳元にキス。

彼女の乱れる呼気から熱いキスを求めているのを感じ、胸を揉みながらディープキス。

少しずつ着衣も乱れ、彼女のアソコはトロけるように、そして熱く…。

焦らしに焦らし、ついに彼女から「ベッド…行こ…?」と。


で、問題はその後です。

ベッドで熱く抱擁し、彼女の最大の性感帯とも言える耳を責め、

心底感動した彼女のきめ細やかな肌を耳元で誉め、

首筋や胸を口に含むのとキスの中間で刺激し、クリトリスの愛撫へ。

しかし、彼女は一向にイク気配がないんです。

濡れ具合はハンパじゃないんですけど…。

私は挿入前に必ずクリトリスで一回はイカせる主義なんです。

女性がイク時の様子が好きなので、それがないと挿入に移れないんですよ。

なんかこう、気持ち的に。

しかし結局一度もイカせることができず、その前に彼女から挿入のおねだり。

内心、イカせたかったという心残りがあるものの、コンドームを手にしました。

すると…まさかの事態。

さっきまであんなに元気良くはしゃいでいた我が息子が私に言うのです。

「父さん…僕…なんだか眠くなってきちゃった…

バッ…!何してんの!?

いいから起きろって!早くっ!今なら父さん怒らないからっ!

なぁ…頼むよ!返事してくれよぉぉぉぉっ!!!



シーーーーーーン………



…はい。

そんなわけで、またも挿入できず。

それどころか、その後の愛撫でも結局、彼女をイカせることが出来なかったんです。

あぁ…ゴメン…。

一度もイカせられないなんて…俺は糞だ…。

いや、糞の中に混じってる消化されなかったコーンだ…。

もしかして今までの女性達も演技でイクふりしてくれてただけなんじゃないのか…?

あぁ…もう…。今まで関係を持った女性達にメールで謝ろう…。

いや、いっそのこと出家しよう…。

でも頭の形が変だから坊主頭は似合わないし、出家はやめよう…。

…と、まぁ、本気で落ち込みました。


しかし落ち込んでいては変態の名が廃る!

次の戦で確実にイカせるために1から研究しなおしだっ!

というわけで、女性の管理人さんが運営するエロサイトを巡回しました。

やっぱり女性の体のことは女性に聞くのが一番ですし。

その中でも特に参考になるページを発見。

Mikiko's Roomというレズビアン官能小説のサイトさんなんですが、

その中でクリトリスへの愛撫について語られているページがあります。

Mikikoのクリクリ講座

この考察は女性ならではです。

男性にはぜひ一度読んでおくことをオススメしたい記事です^^

私も次回のリベンジまでにクリトリマスターを目指します。

やっぱり女性がイクとこ見たいじゃないですか。ねぇ?



あと最後に1つだけ言ってもいいですか?

私、仮性包茎です。

…あ、どうでもいいですか?笑



2011-09-07

8月はサイトの更新がほとんど出来ませんでした。

モチベーションが下がったわけではないのですが、英語の勉強を始めましてね。

友人には「今更?」と言われますが。

それと平行してSMについて勉強しています。

…いや、あの。本当に(^^;)


SMって言うと一般的にはムチやロウソクで痛めつけたりするイメージだと思うんですけど、

あれはSMのほんの一部を切り取った描写であって。

根本的には相手の精神を愛撫するためのプレイというか。

SがMの羞恥心を煽って精神を敏感にし、それによりMは肉体的にも快感を得やすくなる。

またMが嫌がり(恥ずかしがり)ながらも快楽に溺れていく姿を見て、Sは征服欲を満たす。

私個人的にはそのような解釈であります。

(SMに詳しい人から見たらツッコまれる可能性はありますが…)


【女にはレイプ願望がある】という話を聞いたことありませんか?

少なくとも私の周りには「レイプは怖いからイヤだけど、力ずくでされたりするのは好き」

だとか「レイプ系の小説が好き」という女性が結構います。

要するに実際のレイプだと【殺される恐怖】や【妊娠させられる恐怖】などが大きすぎて、

快楽を受け入れることを邪魔するのではないかと思うわけです。

そういう話をまとめると【レイプ願望がある】ではなく、

【傷つきたくはないけど、身も心も征服されたい】という方が女性心理に近いのかなと。


つまり【SM=ただの変態行為】ではないわけです。

セックスで女性を満足させるための要素が沢山詰まった、高尚なプレイです。

ちなみに私は相手を軽く縛って鏡の前でするのが好きです。

…あ、どうでもいいですか?笑



2011-07-06

私が前サイト【狙われた女子高生】を閉鎖して5年が経ちました。

自分では全く実感がないのですが…。

あの頃、相互リンクでお世話になっていたサイトを巡回してみると、

改めて月日が経つのは早いものだと感じさせられました。

大好きな小説サイトは電子出版していたり、大手サイトが閉鎖しておられたり。

久しぶりに地元に帰ったら高層ビルが立ち並んでて

「昔この辺にあった公園でよく遊んだんだけどなぁ…ってか、ここどこ?」

みたいな。もうそんな感じ。

どんな形でも、お世話になったサイト管理者さん達が元気でいてくれたらいいなぁ。



>メインページに戻る


Copyright (C) 2011 レイプ嗜好 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system